top of page

夏の暑さに負けない!疲労回復に効果的なりんご酢を使った薬膳レシピ!


焼きそば

日本の夏は湿気が多く、

汗をかいて体力が消耗しやすい季節です。


この夏本番に向けて、疲労回復に

効果的なりんご酢を使った

薬膳レシピをご紹介します♪


 

『スタミナゴーヤと肉そぼろの夏焼きそば』


レシピ開発:片峯 敦子

材料(2人分)

この料理で使うリンゴ酢


りんご酢

りんご酢

中華蒸しそば…2玉

ゴーヤ…1/2個

豚ひき肉…150g

生姜みじん切り…1/2かけ

にんにくみじん切り…1/2かけ


【合わせ調味料】


しょうゆ…大さじ1

オイスターソース…大さじ1

しあわせっ酢(りんご酢100%)…小さじ2

鶏ガラスープの素…小さじ1/2

水…大さじ2

酒…大さじ1

サラダ油、塩、あらびき黒こしょう…各適量


 

作り方


1 ゴーヤは半分に切って種とわたをとり、

横に2~3ミリの幅に切る。 塩もみしておく。

2

2【合わせ調味料】の調味料を混ぜ合わせ、

作っておきます。

3

3 フライパンに油をひき、生姜、

にんにくのみじん切りを炒め、


4 香りがたったら ひき肉をほぐしながら炒める。

4

5 水気を絞ったゴーヤを入れて

1分程炒めて酒大さじ1をいれる。

5

6 麺を加えてほぐしながら混ざったら、

合わせ調味料を加えて全体にからめる。

6

7 あらびき黒こしょうで味を調え、

器に盛ってできあがり。


 

*レシピ開発者のコメント*


日本の夏はじめじめしていて、

汗をかいて体力も消耗しがち。


汗をかくことで体の体液を消耗すると

同時に血液がドロドロに滞り、

心臓は流れにくい血液を全身に運ぶため

フル活動をしています。


中医学で夏に弱る臓器は「心」

そこでオーバーヒートする心を

助けてくれるのが苦味の食材。


苦みの食材は清熱効果があるので、

火照った体を冷ましてくれます。

夏の苦みの食材の代表は「苦瓜、ゴーヤ」ですね。

ゴーヤの独特な苦味成分は、

夏バテの解消になります。


疲労回復の豚肉とお酢を合わせて、

ほろ苦いゴーヤを入れたスタミナ焼きそば。

冷たいものの飲みすぎや食べ過ぎで

胃腸の働きも低下しているので

夏でも生姜、にんにく、ネギなどを

活用して体のバランスをとっていきましょう。


 

りんご酢

使い方やお好みに合わせた3タイプ

ドリンクとして、お料理として、

自分に合ったお酢をお選びいただき、

ゆっくりと味わいを

お楽しみいただきながら

お使いいただけます。


りんご酢

閲覧数:7回0件のコメント

Commentaires


bottom of page